とりあわけ心配なこと

アラフォーは賞味期限切れ? > マスコミ > とりあわけ心配なこと

とりあわけ心配なこと

外国為替証拠金取引の経験がない方がFXの肝心なところを捉えるためには初めに取引経験を積み重ねることが大切です。

 

とりわけ、先に危険性を察知できるようにするためにはポカを重ねる事も重要です。

 

ただし、ミスをするといっても、立ち直れなくなるほど大きな間違いをしてはいけません。

 

取り返しが付く間違いを何回か重ねる事が最終的にあなたの経験値を高めてくれるはずです。

 

れを考えると、まず最初は少ない額で取引を行い、それによって簡単な失敗をすることが必要です。

 

仮に、100万円しか投資に回すお金のない場合、はじめに全てつぎ込んで注文すると負けた時二度と立ち直れなくなってしまう怖さがあります。

 

それよりも、10万円ずつ小分けして売買して、これによってマイナスやプラスを積み重ねた方が、少しずつミスを埋め合わせる手法なども学習していくはずです。

 

まず少額資金で売り買いする事の良いところは、前述したように、自身の経験値を高め損を減らす方策を学習していく事にありますが、それと合わせて、トレードの回数を積み重ねる事で不確実性を小さくできるという良いところもあります。

 

仮定として、1回の取引で勝てる確率が5割だとしよう。

 

同じ確率で損する危険性もあるということになります。

 

勝率50%ということは2回に1回の比率で勝利できる事を示しています。

 

ですが、全ての資金を使って1回のみのエントリーをするということは、はっきりとした勝ちか、負けのいずれかになってしまう。

 

これではただの賭けと同じです。

 

これは、全ての投資資金を使って1回しか勝負しないとこの分だけ損失が生じる確率が高まってしまうのである。

 

だから、お金を全て使うのではなくいくつかに分けてチャンスを増やす事がリスク分散となります。

 

同時にいくつかに分けたとしても全部に儲ける事は重要ではありません。

 

と言うよりは、勝利できないのが実情です。

 

売り買いで大切なのは、勝利回数ではなく、いかに稼ぐかです。

 

勝ち負けが同じでも、また勝率が低くても儲ける事は出来ます。

 

それ以上負けても損失がわずかであれば、少ない勝利の儲けの大きさだけで十分に稼げます。

 

そのために不可欠な事は、損を少なくして、儲けを大きくして気をつけておくことです。

 

損失が出たらすぐさま損失を確定してそれとは逆にプラスになる時には上手く利益を出す事がFX初めての方が外国為替証拠金取引でプラスになるための極意です。

 



関連記事

  1. とりあわけ心配なこと
  2. テスト